fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


鮎川哲也/編『猫のミステリー』(河出文庫)

 犬か猫かと聞かれたら迷わず犬派の管理人だが、ミステリに関しては圧倒的に分が悪い気がする。三毛猫ホームズという長大なシリーズの印象もあるだろうが、アンソロジーでも圧倒的に猫の方が多いのではないか。もともと猫はミステリアスという形容もされるくらいだから、ミステリには合うんだろうな。
 ちなみにGoogleで「猫 ミステリ アンソロジー」と「犬 ミステリ アンソロジー」で検索をかけてみたら、前者は4510件、後者は3640件がヒットした。やはり猫の方が多い。まあ、どうでもいいことなんだが。
 猫派も納得、かどうかは知らないが、本日の読了本は鮎川哲也/編『猫のミステリー』。収録作は以下のとおり。

都筑道夫「檸檬色の猫がのぞいた」
川島郁夫(藤村正太)「乳房に猫はなぜ眠る」
津井つい「猫に卵」
南部樹未子「 愛の記憶」
赤川次郎「三毛猫ホームズの幽霊退治」
角田喜久雄「猫」
土岐雄三「 猫じゃ猫じゃ事件」
岡沢孝雄「猫の手紙」
新田次郎「猫つきの店」
藤枝ちえ「猫騒動」
日影丈吉「「風邪ひき猫」事件」

 印象に残ったのは、まず都筑道夫の「檸檬色の猫がのぞいた」と南部樹未子「 愛の記憶」。どちらもサスペンス色の強い佳作で、ともに最後の一文が秀逸。わたし猫好きだから、ぐらいの気持ちで読むと少し胃にもたれるかも(笑)。
 川島郁夫「乳房に猫はなぜ眠る」もよい。サナトリウムを舞台に患者間の人間関係を盛り込み、しっかりした本格に仕上げている。短いながらも大変読み応えがあり、好みで言ったらこれが一番。
 この作品集の中ではどうしても古くささを感じてしまうが、角田喜久雄「猫」も妻の心理をうまく描いており、個人的には好み。
 作家名だけを見るとなかなか渋いラインナップだが、中身は本格からファンタジー系、ショートショートまで含めてバラエティ豊か。質も高くて、本書は予想以上に読み応えのあるアンソロジーといえるだろう。

関連記事

Comments

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー