FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 遅ればせながら『千と千尋の神隠し』を視聴。正直、アニメにはもう触手が伸びず、宮崎アニメに関しても、初期のナウシカやラピュタのように完全なる別世界を描いたストレートなファンタジーはもうお腹一杯の状態なのだ。しかし、久々に宮崎アニメに接して、やはりこれは別格と痛感する。一番感じるのは、子供にも通じるわかりやすさを持ちながら、いくらでも深く考えることができる世界観設定のうまさ。それに付随するキャラクターもすばらしい。ただし、ストーリーが平板でご都合主義的に進みすぎるのは物足りない。ストレートすぎる説教臭さも鼻につくが、まあ、これは毎度のことなので仕方ないか。とにかく全般的には満足できる仕上がりで、十分楽しめる作品だとは思う。

 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』読了。
※今回ネタバレ注意



 やや、ネタ不足が気になった上巻だが、縦軸たる魔法学校の対抗戦の知恵比べはやはり心配したとおり、何のひねりもないというか、大した新味も盛り上がりもなく終わってしまった。一作目でのクィディッチの試合ぐらいは書き込んでくれないと、これじゃあ物語としてのパワーが感じられない。

 対抗戦をつまらなくしている要因は、もうひとつある。それはハリポタ・シリーズの大きな特徴にもなっている徹底的な「不公平」である。例えばハリーに対する叔父さん家族やスネイプ先生のいじめはもう定番シーンといってよい。しかし、これらは物語を盛り上げるための手段としてわからないでもない。
 だが、作者はその埋め合わせとばかりに、ハリーを贔屓する人物たちもまた多く登場させる。ダンブルドアやハグリッドといった例を挙げるまでもなく、ハリーの味方は敵以上に多い。つまりハリーの周囲には、敵味方入り乱れて、依怙贔屓する連中ばかりなのである。そのため魔法学校の対抗戦は事前に情報が飛び交い、勇気や知恵で勝負する、という展開からはほど遠い。
 「対決」というのはファンタジーを構成する大きな要素のひとつである。その肝の部分をないがしろにするストーリー展開は、ちょっと作者が勘違いしているとしか思えないのだ。

 だが、終盤の「あの人」が復活する展開は悪くない。しかも、両陣営がいよいよハッキリしてくるため、今後の展開はかなり盛り上がりそうな気がするのも確か。今作は今までトントン拍子にきた物語の流れを、大きく転換するための挿話、という風に考えれば、キレのなさもある程度は理解できる。ここまできたらどうせ最後まで読むのは目に見えているから、次作はぜひとも傑作を期待したいところである。


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 探偵小説三昧, All rights reserved.