fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


鮎川哲也『鮎川哲也名作選 冷凍人間』(河出文庫)

 追悼記念に『鮎川哲也名作選 冷凍人間』を読む。
 本書はちくま文庫の怪奇探偵小説傑作選と並ぶ河出文庫の本格ミステリコレクションの一冊。海外の古典は国書刊行会が頑張っているが、国産作家の古典はこの両文庫が今のところ引っ張っている感じだ。
 しかし、本書についていえばいわゆる名作選という謳い文句は当てはまらない。解説にも書かれているのだが、創元推理文庫からすでに同様の趣旨の本が出ているため、河出文庫の方は初期の入手しにくい作品、とりわけ怪奇小説を多く採っているからである。
 たまたまアユテツ初心者が手にとって、これが鮎川哲也だと思ってもらっては困るが、これはこれでなかなか楽しめる。というかかなり面白い。若かりし日の鮎川哲也が本格ガチガチではなく、幅広い作風に挑戦していたことだけでも興味深いのだが、それがこういう形になって実を結んでいたとは。
 前々から思っていたのだが、鮎川哲也のセンスというのは、(良し悪しではなく)どことなく人とズレている気がするのである。登場人物の名前も妙なものが多いし、女性キャラクターの性格もいまひとつ理解し難い場合が多い。ユーモア感覚もそう。そして本書に収められた小説の肝とも言える恐怖、これについてのセンスも、どことなく違うなぁと感じてしまうのだ。ただし、だからこそ面白さが際だつのだけれど。
 収録作は以下のとおり。

「月魄」
「蛇と猪」
「地虫」
「雪姫」
「影法師」
「山荘の一夜」
「ダイヤルMを廻せ」
「朝めしご用心」
「アトランタ姫」
「甌」
「絵のない絵本」
「他殺にしてくれ」
「怪虫」
「冷凍人間」
「マガーロフ氏の日記」
「ジュピター殺人事件」

 基本的には全面的におすすめしたいのだが、敢えて推したいのは「怪虫」と「冷凍人間」のセット。この二作限りではあるが、一応、科学者とカメラマンのカップルを主人公にしたシリーズ作品である。「怪虫」は出版芸術社の『妖異百物語 第一夜』にも採られていて、そのときに初読してひっくり返った動物パニックもの。「冷凍人間」も同じ路線かと思っていたら、これが何と本格作品だったので今回もひっくり返ってしまった。
 秘境物に属する「マガーロフ氏の日記」もかなりイケル。あとで読めば一応伏線が張ってあることに気づくのだが、そんな推理小説的展開があるとは思っていないので、こちらも最後にけっこうひっくり返ってしまった怪作である。これが好きという人はあまりいなさそうだが、好きなんだよな、こういうの。

 先日読んだ『これが密室だ!』もそうだが、本格に関してはなんだかすごい時代になってきたなと思う。こういう小説がどれだけ売れるのか知らないが、絶対にマニア以外は買わないようなものが続々と出るのである。ブームが沈静化するときもきっとくるだろうが、少しでも長く続くよう、とりあえずこちらも買い続けていくしかないな。

関連記事

Comments

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー