fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


大阪圭吉『銀座幽霊』(創元推理文庫)

 大阪圭吉という作家は、知る人ぞ知る作家である。戦前に真っ当な本格探偵小説を書く作家、といえばおそらく唯一無二の存在であった。だが当時は作風が地味だとか、ストーリーが平板だとか評され、大人気を博するとまではいかなかったようだ。
 しかし、時を越え、時代が彼に追いついたとでもいうのか。平成の世に入り、彼の再評価の機運は一気に高まった。名作の復刻ブームはもちろん役に立っているし、その特異性から固定ファンがついていたというのも大きい。とにかく出版当時はちょっとした事件のように扱われ、特にネット上では大変好評を博した。近年、一度は国書刊行会から『とむらい機関車』という傑作集が出たにもかかわらず、そちらもはや絶版。創元から出るという話を聞いたときには、「へえー」という感じだった。実は国書刊行会版も買ってはいたが、長らく積ん読状態。そちらを読む前により充実した文庫版が出るとはなぁ。<だから早く読めって。

 さて、そういうわけで遅ればせながら『銀座幽霊』を読了。
 本日の感想は、先日読んだ『とむらい機関車』との合わせ技ということでいきましょう。まずは収録作。

「三狂人」
「銀座幽霊」
「寒の夜晴れ」
「燈台鬼」
「動かぬ鯨群」
「花束の虫」
「闖入者」
「白妖」
「大百貨注文者」
「人間燈台」
「幽霊妻」

 結論から言うと、やっぱり大阪圭吉はすごい。いくつかはアンソロジーで読んでいたが、こうしてまとめて読むと、やはり作者の本格に対する方向性がはっきりわかり、素晴らしいのひと言。
 確かに怪奇ものを初めとする変格が主流を占めていた時代においては地味だったかもしれないが、絶対的評価においては、決して地味な作風ではない。それどころか(解説にも書かれていたが)「物」を単なるモチーフ以上に扱い、アニミズムと言えるまでに消化した作品群は、今でも十分に通用する説得力と魅力をもっていると思う。

 奇妙な動機をもった犯人が多いのも特徴か。論理以外の部分が弱い、といった評価も当時はあったようだが、それは単に当時の紙事情だけではなく、やはりケレン味を望みすぎる当時の読者にも責任があるだろう。少なくとも大阪圭吉の作品群からは、退屈だとか小説として詰まらないという評価は当たらない。今時の本格よりもよほど世相を反映しているし、設定も悪くない。さらには考えさせられる動機なども多いのである。
 個人的に二冊の中から気に入った作品をざっと羅列すると、「とむらい機関車」「デパートの絞刑史」「気狂い機関車」「あやつり裁判」「坑鬼」「三狂人」「灯台鬼」「動かぬ鯨群」「大百貨注文者」「人間燈台」といったあたり。特に気に入ったのは「坑鬼」。地下の坑道で繰り広げられる殺人劇はムード満点。少し長めの短編だが、これだけでも大阪圭吉の力がわかる。
 ただ、個人的に大阪圭吉の文章は何故かちょっと読みにくい。文章は平易だし、難しい単語も使っていないのだが、なぜかリズムが合わないのだ。長文が多いせいも少しはあると思うが、大江健三郎とかに比べたら全然短いしなぁ。これがちょいと不思議なところではある。

 残念なことに大阪圭吉は太平洋戦争において三十二歳の若さで亡くなっている。彼がもし生きていて、横溝正史らの起こした本格ムーブメントに混ざっていたら、どんな作品を残していただろう。つくづくもったいない話だ。

関連記事

Comments

Edit

ポール・ブリッツさん

なるほど、土屋隆夫との比較は面白そうですね。本格という文脈で語られるのは当然ですが、むしろ小説としての+αに惹かれるものがありますな。

なお、せっかくオススメしていただいたのに申し訳ないのですが、私恥ずかしながら霞流一に限らず、京極や東野、恩田といった人気作家も含め、現代の国産ミステリはほぼ読んでおりません(苦笑)。
『本格ミステリ・フラッシュバック』という便利な本が出たのはご存じかと思いますが、年代的には1987年、正にあの本で区切られているごとく、いわゆる綾辻以降となります。特に主義主張などはなく、単に好みの問題ですのでご了承ください。

Posted at 17:11 on 03 28, 2009  by sugata

Edit

大阪圭吉氏は面白かったですね。わたしが読んだのは図書館にあった「とむらい機関車」(国書刊行会バージョン)だけですが、それでも非常に感心した覚えがあります。
わたしは「灯台鬼」と「あやつり裁判」、ちょっとタイトルと内容が一致しているかどうかがあやふやですが「動かぬ鯨群」が好みであります。「灯台鬼」のあのグロテスクで悲しい真相は衝撃的でありました。
ですが、大阪氏は、横溝氏の起こした本格ブームにのれるような人ではなかったのでは、と思います。むしろ氏の本領は、松本清張氏以降の、社会派といわれる人びとや、本格派でもそれと抗して行かなければならなかった土屋隆夫氏や鮎川哲也氏のような立場だったのでは、と思えてなりません。氏の小説においては論理的必然よりも、動機や社会的バックグラウンドに比重を置いているのではないかと思えましたので。
でも、土屋隆夫氏や鮎川哲也氏のような作家がもうひとりいたら、と考えただけで、氏の早すぎる逝去が惜しまれるであります。

霞流一氏の「スティームタイガーの死走」はごらんになられましたか? 実はあれは、ネタバレになってしまいますが、大阪氏へのリスペクトでありまして……。これ以上しゃべってはミステリファンとして死罪になってしまいますから口をつぐみますけど、未読でしたら古本屋へ駆けて行ってゲットするべきであります。

Posted at 16:38 on 03 28, 2009  by ポール・ブリッツ

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー